ゴルフクラブ紹介(ハイボア) のページです。雑学にいかがですか?


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==



            離婚 知識 /  豆知識雑学 /  生活豆知識 /  健康豆知識 /  料理豆知識 /  マネー豆知識 /  掃除豆知識 / 
応急手当豆知識 /  園芸豆知識 /  衣類アイデア豆知識 /  インテリア豆知識 /  インターネット用語豆知識 /  ドライブ豆知識 / 
ゴルフ豆知識 /  音楽豆知識 /  ダイエット豆知識 / 

ゴルフクラブ紹介(ハイボア)

【商品名】  
  
ハイボア

【カテゴリー】  

ドライバー

【メーカー名】  

クリーブランド

【素材】     
@ヘッド 6-4チタン精密真空鋳造ボディ+高強度SP700チタン鋳造フェイス(プラズマ溶接)  
Aシャフト Diamana M63


【商品特徴】   

テクノロジーの進化とともに、ドライバーヘッドは
より大きなサイズへ、また多様な金属素材の使用へと
変化してきましたが、それでも丸みを帯びたヘッド形状だけは
長い間受け継がれてきました。

クリーブランドゴルフが開発した「HiBORE」は、
かつてない飛距離を生み出すため、その常識を変えました。

世界初の機能を搭載し、新形状ドライバーが登場しました。

スイートスポットと高反発点(CORホットスポット)の
一致・最速のボールスピード ・最大スイートスポットと
スピン量低減による最適弾道・ヘッドのブレを最小限に
抑える最大級モーメント ・長い重心距離による
高弾道打ち出し「HiBORE」は520cc相当のボディに
究極の高弾道と低スピンを実現するドライバーとして開発。

クラウン部のユニークなデザインにより、
重心は従来よりも低く、後方深くに位置しています。

その結果、より大きなスイートエリアから生み出される球筋は、
既存のどのドライバーよりも遠くへ、真直ぐに飛ぶことを可能にしました。


<最速のボールスピード> 

ジオメトリー設計を生かした「HiBORE」独自のユニークな
デザインによって、従来のドライバーよりも重心(CG)を
低く深い位置に配置。スイートスポットをフェイスの
中心にある高反発点(CORホットスポット)の延長戦と
一致させることで、同じ反発係数であってもボール初速を
最大限まで引き上げることに成功しました。

<最大スイートスポットとスピン量低減による最適弾道>

重心点(CGP)と高反発点(COR ホットスポット)を
直線上に結ぶことで、スイートエリアが20パーセント増加。

また、スイートスポットがフェイスの中心に
移動したことで、「ギア効果」によるスピン量を
減らし、最大飛距離を生み出すのに最適な弾道をもたらします。 

<最大級の慣性モーメント> 

さらに25gのウエイトをクラブヘッドの後方に配置し、
慣性モーメントを最大化。

ヘッドのブレが最小限に抑えられ、やさしく
振りぬけるようになりました。

ヘッド内部にリブテクノロジーを利用することで、
ボールが当たった瞬間のエネルギーロスを押さえ、
ボールの飛んでいく方向に最大限のエネルギーを伝えます。

4軸繊維を使用した「HiBORE AXIVシャフト」は
つぶれに強く復元力が高いため、より早いヘッドスピードを
もたらします。 

1.アドレス時に違和感を持たせない為、オーソドックスな輪郭(投影形状)を維持 

2.クラウン部の凹凸を感じさせない塗装。
 
3.ビジェイ・シンをはじめ、PGAトッププロが使用。

【評価・感想】  
今年ランチャー460・タイプJを使っていましたが、
後10Y飛距離を伸ばしてみたいと思い購入しました。

まだ練習場でしか打っていませんがランチャーと
交互に使ってみてもハイボア・M63のほうが飛んで
いるように感じます。

ただし、みなさんのコメントにあるような高い弾道という
イメージはありませんね。

それと、ストレートに打ちにいくとランチャーでは
ドロー系になりますがハイボア・M63はほぼフェードになります。

コースにおいても左へのミスの心配が少ない分、おもいきり
叩けそうですが、油断すると右へフケてしまいそうです。

ランチャーよりは難しく感じますがその分ドライバーの
練習がグッと楽しくなりました。



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。