ランチャー460〜ゴルフクラブ〜 のページです。雑学にいかがですか?


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==



            離婚 知識 /  豆知識雑学 /  生活豆知識 /  健康豆知識 /  料理豆知識 /  マネー豆知識 /  掃除豆知識 / 
応急手当豆知識 /  園芸豆知識 /  衣類アイデア豆知識 /  インテリア豆知識 /  インターネット用語豆知識 /  ドライブ豆知識 / 
ゴルフ豆知識 /  音楽豆知識 /  ダイエット豆知識 / 

ランチャー460〜ゴルフクラブ〜

ゴルフクラブ紹介

【商品名】    
ランチャー460 

【カテゴリー】  
ドライバー

【メーカー名】  
クリーブランド

【素材】     
@ヘッド 6-4チタン精密鍛造ボディ+高強度SP700超極薄クラウン+タングステンウェイト+高強度SP700チタンフェイス 
Aシャフト フジクラ社製ランチャータイプJシャフト

【商品特徴】 
 
(2008年SLEルール適合品)  PGAツアーのフィードバックをもとに、プロをもうならせる本格派シェイプの「ランチャー460タイプJ」ドライバーが、いよいよ新登場。構えやすい本格派のヘッド形状でありながら、最新の技術を織り込み、幅広いレベルのプレイヤーに対応しました。

ドライバーに飛距離を求めるのは、ツアープレイヤーであっても同じです。
2004年PGAツアーで17勝、2005年9勝の実績を誇るクリーブランドが、ツアーでの多くの経験をベースに開発したドライバーです。

6-4Tiでは、強度が不足しがちな0.4mmもの超極薄クラウンに、高強度チタンSP700を採用。これにより、約25%の重量をクラウン部から取り除くことが可能になり、一層の低重心化と重量の再配分が実現しました。

ソールとバックの2箇所に、タングステンウェイトを装着。

このため、460ccもの大型ヘッドでありながら、重心距離を短く、重心高を低く、さらに、重心深度をより深い位置に設定。

大型ヘッドであっても、ヘッドターンが容易になり、本格派の形状でありながら、やさしく高弾道で飛ばせるようになりました。

高強度SP700チタン・フェイスをプラズマ溶接し、不要な溶接重量をフェイス部分から削除。より理想的な重心設定を可能にしました。

熱処理方法の改善とSP700が持つ安定性によって、SLEルール適合範囲内で最大限の反発係数を得ることに成功しました。

一般的にヘッドが大型になるほど、ヘッド素材の肉厚が限界値に近づくため、異素材ウェイトの装着が余計な振動を引き起します。

クリーブランドが新たに開発した「サウンドサポートリブ」(特許申請中)は、このウェイト部の振動を抑制し、爽快な打球音を実現します。


【評価・感想】  

顔の良さにつられ・・試打しないまま半信半疑で注文、昨日届いて、本日、エースドライバーをゴルフ場のロッカーに万一に備え?忍ばせておき、練習場でボールを打つこともなくラウンドしました・・・結果、最高の買い物でした。

顔の良さ、弾道、方向性、飛距離、控えめな音、しっかりしたシャフト、弾きの良さ、ミスの許容範囲の広さ、そして値段、どれをとっても◎だと思います。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29389470

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。